佛教大学 W0853精神保健福祉援助技術各論第二設題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数212
ダウンロード数7
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    評価B 

    設題「精神障害者が地域で生活するうえで利用できる公的・民間双方の社会サービスや精神障害者当事者自身の活動(セルフヘルプグループ)を上げ、その活動内容と意義、精神障害者当事者のどういったニーズを充足しようとするものかについて述べよ。」

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    精神障害者が地域で生活するうえで利用できる公的・民間双方の社会サービスや精神障害者当事者自身の活動(セルフヘルプグループ)を上げ、その活動内容と意義、精神障害者当事者のどういったニーズを充足しようとするものかについて述べよ。
     障害のある人が、普通に地域で生活できるために、どの様な障害者でも安心して暮らせる住まいの確保や日常生活を支える支援体制の整備、関係者の連携によるネットワークの構築が求められている。
     障害者自立支援法に基づく地域生活事業の目的は、障害者及び障害児が自立した日常生活や社会生活を営むことができるように、様々な状況に応じた事業形態による事業を実施し、障害者の福祉の増進、障害の有無にかかわらず国民が相互に人格と個性を尊重し、安心して暮らすことのできる地域社会の実現に寄与することとしている。
     精神保健医療福祉においては、入院医療中心から地域生活中心へと変化しつつあり、精神障害者を支える地域の支援体制の整備が必要なる。
     精神障害者は病気の特性から、長期入院により主体的な生活を選択し決定する経験が乏しく社会参与する機会が奪われていることが多い。よって、精神障害者が地域で生..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。