佛教大学 W08520精神保健福祉相談援助の基盤(専門)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数79
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    評価B

    設題「精神障害者およびその近隣領域における援助形態について述べよ。」

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    精神障害者およびその近隣領域における援助形態について述べよ。
     私が論じたい精神障害者およびその近隣領域における援助形態はスクールソーシャルワークである。
     学校では多くの精神保健に関わる問題が起きている。いじめや不登校、自殺、暴力など生徒指導上の問題と、精神疾患や発達障害などが原因となって生じる問題である。
     これら二つの問題の根本的原因は異なるが、子どもの心の問題とともに、子ども達を取りまく学校、社会、家庭が複雑に絡み合った状況から派生している。この状況に子どもたちは生きづらさを感じている。この中には保護者の精神疾患への罹患によって感じている生活のしづらさが子どもの生きづらさにつながってしまうこともある。この生きづらさが上記した学校での問題行動として現れる。だから、問題行動を表面だけで扱うと、子どもたちが本当に求めているニーズに気づくことができない。
     また子ども自身も、自分が本当に求めている事が何かわからないことも多い。だから、個人のアプローチだけでなく、環境も含めてアセスメント介入するスクールソーシャルワークが必要である。
     スクールソーシャルワークとは、福祉的視点を持って子ど..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。