佛教大学 W0782権利擁護と成年後見制度論第1設題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数155
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    評価B

    設題「Aさん(79歳、男性)は、一人暮らしで親族はいません。最近認知症を患い、悪質商法の被害にも遭っています。そこで、社会福祉士であるあなたが中心となって、Aさんが成年後見制度を利用できるよう、関係者と協力しながら支援していくことになりました。
     Aさんが成年後見制度を利用できるようになるまでの支援としてあなたは何をすればよいか、その手続きと支援の具体的方法、関係者との連携について説明してください。」

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    Aさん(79歳、男性)は、一人暮らしで親族はいません。最近認知症を患い、悪質商法の被害にも遭っています。そこで、社会福祉士であるあなたが中心となって、Aさんが成年後見制度を利用できるよう、関係者と協力しながら支援していくことになりました。
     Aさんが成年後見制度を利用できるようになるまでの支援としてあなたは何をすればよいか、その手続きと支援の具体的方法、関係者との連携について説明してください。
    1 はじめに
     2000年の介護保険制度導入以降、利用契約制度が次々と採用された。しかし、認知症高齢者や知的障害者、精神障害者などの判断能力の不十分な者にあっては、利用契約制度は福祉サービスの利用を妨げ、結果として最も必要な者からサービスを遠ざけてしまう欠点がある。この問題を解決すべく、成年後見制度や日常生活自立支援事業といった権利擁護制度が必要となった。
    このレポートでは、成年後見制度の概要と権利擁護における社会福祉士の役割、そして事例における社会福祉士の役割と関係者との連携方法、最後に成年後見制度の課題を考えたい。
    2 成年後見制度の概要
     成年後見制度とは、判断能力が不充分な人の生活、療養..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。