佛教大学 W0513社会福祉行政論第二設題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数166
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    評価B

    設題「地域における相談支援の実施・運営体制の現状について総括的なまとめを行い、サービス利用者の立場から相談支援システムづくりの課題について考察しなさい。」

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    地域における相談支援の実施・運営体制の現状について総括的なまとめを行い、サービス利用者の立場から相談支援システムづくりの課題について考察しなさい。
     近年、日本の社会福祉は、社会福祉基礎構造改革により社会福祉の実施体制が大きく変化した。この基本理念としては中央社会福祉審議会中間報告(1998年12月)に示されているように、これからの社会福祉の理念を、国民全体を対象に社会連帯のもとでの支援を行い、「個人が人としての尊厳をもって、家庭や地域の中で、障害の有無や年齢にかかわらず、その人らしい安心のある生活が送れるように自立を支援すること」とされている。
     この基本理念にそって提言された社会福祉基礎構造改革の基本方向としては、サービスの利用者と提供者の対等な関係、個人の多様な需要への地域での総合的な支援、幅広い需要に応える多様な主体の参入促進、信頼と納得が得られるサービスの質と効率性の確保、情報公開等による事業運営の透明性の確保、増大する費用の公平かつ公正な負担、住民の積極的な参加による福祉文化の創造とされている。
    この改革に伴って福祉行政を担う団体や組織のあり方も変化し、サービス提供過程も大..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。