佛教大学 W0513社会福祉行政論第一設題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数249
ダウンロード数10
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    評価B

    設題「社会福祉の分権化とともに国と地方公共団体の役割分担が明確化されたことを踏まえ、国民の生存権保障の観点から、社会福祉行政における市町村・都道府県・国それぞれが果たすべき役割と責任について述べなさい。」

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    社会福祉の分権化とともに国と地方公共団体の役割分担が明確化されたことを踏まえ、国民の生存権保障の観点から、社会福祉行政における市町村・都道府県・国それぞれが果たすべき役割と責任について述べなさい。
    現在の日本では、社会福祉行政は市町村・都道府県・国の三層構造で行われ、その実施方法は国民の生存権を具体化するプロセスである。近年の地方分権一括法及び、社会福祉改革によって、社会福祉のほとんどの事務が市町村に分権化された状況の中で、市町村・都道府県・国それぞれにどういう役割と責任が求められているのだろうか。
     日本はかつて、中央集権的な行財政を行い、国の仕事を機関委任事務として地方自治体に代行させてきた。社会福祉に関連する施策の大部分も全国一律の機関委任事務で実施されてきた。この背景には、日本の社会福祉三法体制のもとで社会福祉関連法は国によって一元的かつ厳正に運用する事が重要であって、地方自治体は社会福祉関連法の専門的事項への対応が困難といった判断があった。
     しかし、福祉需要の増大などで1986年の整理合理化法で国と地方自治体の福祉行政の在り方が見直された。福祉サービスに関する事務は地方自治..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。