佛教大学 W0508社会福祉計画論第一設題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数175
ダウンロード数13
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    評価B

    設題「市町村エリアでの地域福祉を推進するために福祉計画を策定する場合に、計画内容や推進方法、評価システムなどにかかわって、どの様なことが重要になるのか説明しなさい。」

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    市町村エリアでの地域福祉を推進するために福祉計画を策定する場合に、計画内容や推進方法、評価システムなどにかかわって、どの様なことが重要になるのか説明しなさい。
     国による福祉計画の目的と意義は、障害福祉サービス、相談支援及び地域生活支援事業の提供体制の整備と、自立支援給付および地域生活支援事業の円滑な実施の確保とされている。これはサービス資源の整備とその円滑な事業実施が計画策定を通じて市町村自治体の福祉行政に期待されているという事であり、市町村福祉計画が政策的な浸透において地域間において制度変更の漏れが出ないようにし、制度基準における福祉サービスの確保に地域格差が出ないようにすることが強い目的となる。
     現在の福祉行政は市町村主義がとられており、市町村の独自の基準に基づく福祉サービスが確保されている。この時重要なのが、地域住民との合意形成である。この中で、市町村内の事業者の実践に独自のルールを求め、ルールの中で事業者が自由に実践する自由空間が形成される。この空間は5つの要素から構成されている。その要素は①計画策定委員会や、そのもとにつくられる作業グループ、さらには各種住民の懇談会などの..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。