佛教大学 W0346地域福祉論Ⅰ第二設題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数115
ダウンロード数10
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    佛教大学通信201420152016

    代表キーワード

    佛教大学地域福祉論W0346

    資料紹介

    評価B

    設題「地域福祉における住民自治・住民参加の意義をふまえた上で、地域福祉の推進方法について考察しなさい。」

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    地域福祉における住民自治・住民参加の意義をふまえた上で、地域福祉の推進方法について考察しなさい。
     1990年の福祉関係八法改正により、様々な福祉行政の権限が各都道府県や市町村へと移譲し始め、この様な社会福祉の構造改革の流れの中で「介護保険法」や「社会福祉法」は誕生した。
     一般的に「社会福祉の増進の為の社会福祉事業法等の一部を改正する等の法律」における「改正の要点」は①利用者の立場にたった社会福祉制度の構築、②サービスの質の向上、③社会福祉事業の充実・活性化、④地域福祉の推進である。
     これは、国や社会福祉法人から距離を置き、自分自身でサービスを選び、事業者と契約を結べる「自立した強い個人」と選ばれる努力をする事業者、それを支える地域福祉というモデルが想定される中で、措置制度の廃止と利用契約制度の導入、サービスの選択、社会福祉事業体に対する規制緩和、地域推進が謳われたということである。
    社会福祉法第4条では「地域福祉の推進」として次のように謳っている。「地域住民、社会福祉を目的とする事業を経営する者及び社会福祉に関する活動を行うものは、相互に協力し、福祉サービスを必要とする地域住民が..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。