佛教大学 W0346地域福祉論Ⅰ第一設題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数99
ダウンロード数7
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    佛教大学通信201420152016

    代表キーワード

    佛教大学地域福祉論W0346

    資料紹介

    評価B

    設題「地域福祉とは何か。理念と基本的概念の整理を行った上で、現代の日本における地域福祉の役割と課題について考察しなさい。」

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    地域福祉とは何か。理念と基本的概念の整理を行った上で、現代の日本における地域福祉の役割と課題について考察しなさい。
     地域福祉とは、一般的に社会福祉の一領域ではあるが、高齢者、児童、障害者、低所得者等といった領域ごとの縦割りで設定されたのもではなく、私たちの暮らしの場である地域社会において発現する地域福祉課題に対して、総合的・包括的に対応する横断的な設定に基づくものである。地域社会は、社会福祉の縮図的な側面を持ち、「地方自治体で受け渡しされる各種の福祉サービス」といった理解をもたれることもある。逆に、地域福祉とは国や地方自治体が行うものではなく、地域住民が担うボランタリーな活動を指すという考え方もある。
     しかし、地域福祉を国・地方自治体と切り離して、それと無関係に議論することは適切ではない。私たちの地域生活は、当該地域における地域構造と、生活の「社会化」の進展に影響を受けている。よって、地域生活を送る上で発現してくる多様な生活問題に対応する基本的方法は、国の社会福祉政策に基づく社会福祉制度の利用であり、これに規定されながら都道府県・市町村が独自に設定している社会福祉制度の利用に求める..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。