佛教大学 W0345障害者福祉論I第一設題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数200
ダウンロード数9
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    評価B

    設題「障害者問題とは何か、その社会の経済メカニズム(生産とそのための労働のあり方)との関連で指摘し、現代日本の障害者問題の現れについて関心のある点を述べなさい。」

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    障害者問題とは何か、その社会の経済メカニズム(生産とそのための労働のあり方)との関連で指摘し、現代日本の障害者問題の現れについて関心のある点を述べなさい。
    障害者問題とは、障害それ自体によって生じる不自由の事ではなく、身体的・精神的に何らかの障害をもつという、その人の属性の一つにすぎないもので社会的な生産への参加を阻止され、自立的な生活が営めなくなり、その人がもっている発達可能性が潜在化されることである。その社会の生産とそのための労働のあり方、つまり経済メカニズムが障害者を受け入れるか排除するかを決めている現状が障害者問題を生み出している。
    これは、資本主義の経済システムによって発生する問題であり、原始共産性社会には障害者問題は生じない経済システムにあったと考えられる。なぜならば、原始共産性社会には剰余生産力が存在し、その平等な分配機構という社会的条件があったからだと考えられる。
    原始共産性社会では第一に狩猟・漁業の道具の進歩に加え、農耕の普及などにより共同体全体の生存を最低限可能にする生産力を得た。第二に原始共産性社会は無階級社会であり、平等分配という共産性原理をもっていた。
    しかし..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。