佛教大学 W0342家族福祉論第二設題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数190
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    佛教大学通信201420152016

    代表キーワード

    佛教大学家族福祉論W0342

    資料紹介

    評価D

    設題「家族福祉の必要性・意義と援助方法について、具体的な事例を一つあげて、これを検討するなかで、論じてください。」

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    家族福祉の必要性・意義と援助方法について、具体的な事例を一つあげて、これを検討するなかで、論じてください。
     家族福祉という概念は、「家族成員及び家族システム全体のウェルビーイングという理念型を実現していくための目的概念」である。ウェルビーイングという理念型の実現には、臨床・実践および政策アプローチが存在する。従って、家族福祉の実現は、すぐれて学術的なアプローチが必要であるという視点に立つ。加えて、家族福祉の方法は、同時に「地域福祉を前提あるいは背景にして実践される」という理解に共感する。
     現代社会において家族福祉を強調する事にはどの様な意味があるのか。現代家族をめぐっては「個人化」や「多様化」がそのキーワードを構成している。家族の「個人化」や「多様化」という傾向は、日本の戦後社会が「個人主義指向性」及び「平等主義指向性」という2つの価値に立脚して展開されてきたその帰結でもある。その意味では、「集団としての家族」の側面が希薄化したといえる。そして、凝集性が低下した家族は、危機対処能力も低くなる。
     また、家族の客観的条件より主観的家族論が一定の勢いをもっている。現代家族は、富裕化の中..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。