佛教大学 W0342家族福祉論第一設題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数144
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    佛教大学通信201420152016

    代表キーワード

    佛教大学家族福祉論W0342

    資料紹介

    評価B

    設題「ひとり親家族への支援策の現状と課題について論述してください。」

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ひとり親家族への支援策の現状と課題について論述してください。
    一人親家族の課題とは、具体的に母子家庭、父子家庭、再婚家族、単独世帯それぞれが抱える課題である。
    母子世帯の定義は、国が行う調査によりその捉え方が異なっており統一されていない。例えば厚生労働省では「配偶者と死別または離婚した女子であって20歳未満の児童を扶養しているもの、またはその他これに準ずるもの」とし、国民生活基礎調査では「死別、離別その他の理由(未婚の場合を含む)で、現に配偶者のいない65歳未満の女(配偶者が長期間生死不明の場合を含む)と20歳未満のその子(養子を含む)のみで構成している世帯」となっている。国勢調査では「死別または離別の母親と未婚の20歳未満の子どもからなる世帯」となっている。
    母子家庭の大きな問題は経済面にある。「全国母子世帯等調査結果の概要」を見てみると、母親の84.9%は働いているが、常用雇用者はその内の50.7%である。多くがパートタイマーや低賃金の職種についているため、年収の平均は229万円で一般世帯の約3.5割にすぎないのである。
    また、就職を希望している母親も、子育てとの両立の難しさや年齢..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。