佛教大学 W0323社会福祉方法論3第一設題改正

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数185
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    評価B

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    わが国における地域ケアの歴史を概観すると共に最近の社会福祉改革における施設と地域の位置づけ、その理論的背景について述べなさい。
    はじめに
     2000年の社会福祉法制定により、市町村地域福祉計画の策定が規定され、地域における福祉サービスの適切な利用の促進、地域における社会福祉を目的とする事業の健全な発達、地域福祉に関する活動への住民参加の促進が計画に盛り込むべき事項として規定され、現在の日本では地域福祉が中心となっている。
     この様に福祉制度が変化してきた今、地域ケアに求められることは一体何なのであろうか。そのことをこのレポートでは、地域福祉における地域ケアの国内外の歴史と、日本における施設ケアと地域ケアの位置づけから考察していきたい。
    欧米における地域ケアの始まり~慈善組織協会とセルツメント~
    海外における地域ケアの始まりは19世紀の慈善組織協会(COS)とセルツメント活動である。
    19世紀の後半、イギリス社会では産業革命により様々な社会問題が生み出され、その核となる問題が「貧困」であった。当時、貧困の原因は、個人の道徳的堕落であると考えられていたが、ブースやラウントリーによる貧困調査..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。