佛教大学 W0104社会福祉方法原論第二設題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数156
ダウンロード数10
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    評価B

    設題「利用者の生涯にわたる発達と地域生活を豊かなものにするために、利用契約制度の下でのケアマネジメントの意義と役割、その方法論的な課題について論述せよ。」

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     利用者の生涯にわたる発達と地域生活を豊かなものにするために、利用契約制度の下でのケアマネジメントの意義と役割、その方法論的な課題について論述せよ。
     ケアマネジメントとは高齢者や障害者の「在宅福祉」「在宅医療」をより効果的に推進していくための技法である。
    2000年から実施された介護保険制度でケアマネジメントは「介護支援サービス」と呼ばれ、高齢者の自立支援を目標に利用者のケアプラン作成と給付管理の側面を重視し公的な福祉制度として初めて位置付けられた。その役割は「保険給付対象者である要介護者および要支援者に対し、個々の解決すべき課題や状態に即した利用者本位の介護サービスが適切かつ効果的に提供されるように多様なサービス提供主体によるサービス体系を確立する事」となっている。
     障害者福祉の領域においては、1997年度より「障害者介護等支援サービス体制整備推進事業」として、身体障害、知的障害、精神障害の障害ごとに段階的に実施してきた事業が統合された。この事業の趣旨は「地域における障害者の生活を支援し、自立と社会参加を促進するため、公的サービスの量的・質的確保とともに、障害者の多様なニーズに対..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。