佛教大学 W0103社会福祉史第一設題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数315
ダウンロード数8
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    佛教大学通信201420152016

    代表キーワード

    佛教大学社会福祉史W0103

    資料紹介

    評価B

    設題「第2次世界大戦後、GHQ占領期における日本の社会福祉再生の内容と特徴を述べなさい。」

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第2次世界大戦後、GHQ占領期における日本の社会福祉再生の内容と特徴を述べなさい。
    日本は1945年8月15日に敗戦し、その後、連合軍総司令部(以下GHQ)による占領期間が1952年まで続き、その期間中にGHQによる様々な改革が進められていく。その中で、日本の社会福祉の改革も進められていった。
     GHQが必要とした改革内容を理解するには、それまでの日本における社会福祉がどうであったのか、ということを考えなければならない。これを福祉の三段階と照らし合わせて考えたい。
    福祉の三段階とは、①人間にとって自由が抑制される段階②自由が開花する段階③自由の開花を社会的に保障する段階である。
    ①の人間にとって自由が抑制される段階とは、個人の自立的判断を認めない共同的支配、身分支配による抑圧の構造をもつ社会協同であり、支配者による権力支配のもと自由はない段階である。これは、明治維新以前の日本の状況であり、それまで続いた封建制度による身分制度によって生活状況や活動が制限されていた。しかし、同じ身分による共助制度や各藩における扶助制度によって当時の社会福祉は成立していたと考えられる。
     ②の自由が開花する..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。