ロミオとジュリエット

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数178
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『ロミオとジュリエット』新潮文庫
    シェイクスピア
    中野好夫 訳
    『ロミオとジュリエット』は世界で広く知られている永遠の純愛物語であって、二人のきれいで純粋の愛が今でもたくさんの人々に感動を与えている。私がこの本を読んで最も心打たれたのはジュリエットの言葉で、「仇敵はあなたのそのお名前だけ。たとえ、モンタギュー家の人でいらっしゃらなくとも、あなたにはお変わりはないはずだわ。モンタギュー―なんですの、それが?手でもなければ、足でもない。腕でもなければ、顔でもない、人間の身体についた、どんな部分でも、それはない。」仇敵であるロミオを恋したのは、その人の家柄などではなく、本当にその人自身だというジュリ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。