精神保健福祉援助技術論レポート設題2&科目修了試験④~⑥セット(精神障害者を対象としたケアマネジメントの原則意義方法)

会員756円 | 非会員907円
ダウンロード カートに入れる
ページ数18
閲覧数73
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    レポートはA評価でした。科目修了試験は、指定教科書以外の文献も用いながら、どの設題番号も1000字~1200字前後でまとめております。試験はA評価でした。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「精神障害者を対象としたケアマネジメントの原則、意義、方法を述べよ。」
    厚生労働省「障害者ケアガイドライン」によると、『障害者ケアマネジメントとは、障害者の地域における生活支援をするために、ケアマネジメントを希望する者の意向を踏まえて、福祉・保健・医療・教育・就労などの幅広いニーズと、様々な地域の社会資源の間に立って、複数のサービスを適切に結び付けて調整を図るとともに、総合的かつ継続的なサービスの供給を確保し、さらには社会資源の改善及び開発を推進する援助方法である』としている。
     日本の精神障害者に対するケアマネジメントの具体的な取り組みは、1995年に国によって始まった「精神障害者ケアガイドライン」の検討にさかのぼる。1998年には、その検討委員会によって「精神障害者ケアガイドライン」が開発された。それを土台に、ケアマネジメント従事者の研修やモデル事業が進められることになった。2001年に「精神障害者ケアガイドライン」は見直しされるに至ったが、2002年にはそれまでの障害者別のケアガイドラインを活用しつつも、障害別にかかわりなく、総合的で調整のとれたサービスを一体的に提供するためとし..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。