精神保健学レポート設題Ⅰ&科目修了試験①~③セット(ライフサイクルにおける精神保健について述べよ)

会員756円 | 非会員907円
ダウンロード カートに入れる
ページ数17
閲覧数32
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    レポートはA評価でした。科目修了試験は、指定教科書以外の文献も用いながら、どの設題番号も1000字~1200字前後でまとめております。試験はA評価でした。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「ライフサイクルにおける精神保健について述べよ。」
    精神保健福祉ハンドブックによると、「精神保健とは人々の健康のうち主として精神面の健康を対象とし、精神障害を予防・治療し、また精神的健康を保持・向上させる諸活動をいう」と定義されている。また、竹島正は『ライフサイクルとは、生物が、前の世代の生殖細胞から出発し、生活史のある段階で次の世代をつくるまでの一周期をいう』と述べている。さらにエリクソンは、パーソナリティないし情緒・動機づけを中心とする発達課題を考え、「人は環境からの影響により心理的発達がなされる」とする成熟説を提唱した。人の生涯を乳児期、幼児前期、幼児後期、学童期、青年期、成人期前期、成人期後期、老年期の8段階に区分して、それぞれのステージにおいて健全と不健全という、2つの相反する傾向が引き合う危機が存在することを指摘した。以下、エリクソンの発達課題とも一部重ねて、ライフサイクルにおける精神保健について述べていく。
     胎児期について。母胎内にある約40週間は、人間の精神機能をつかさどる脳の発育にとってきわめて重要な時期である。したがって、直接胎児にまたは母胎に加わる様々な有害因子..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。