ソーシャルワークⅢ【科目修了試験①~⑥】

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数27
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    指定教科書以外の文献も用いながら、どの設題番号も1000~1200字前後でまとめております。試験はA評価でした。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ■科目修了試験
    1.ケースマネジメントにおけるアセスメントの意義と方法について
    クライエント支援の過程においてアセスメントの必要性について理解したうえで具体的方法と留意点について理解する。
     ケースマネジメントにおけるアセスメントの特徴として、マクスリーは「ニーズを基礎としていること」「クライエントのニーズを包括的・全体的にとらえること」「クライエントのニーズを学際的にとらえること」「クライエントが参加すること」「進行する過程としてとらえること」「システマティックにニーズをとらえること」「書式化された文書をつくること」があると述べている。 アセスメントとは、ワーカーとクライエントが協働で行い、問題状況を把握し、生活ニーズを探っていく作業である。以下、アセスメントの具体的な方法と留意点について述べていく。
     アセスメントでは、クライエントの問題状況を把握するため、様々な情報を収集することになる。情報の収集方法は、インテーク等を通してクライエントやその家族から情報を得る場合と、クライエントの了解を得て、医師や看護師等のキーインフォーマントから情報を得ることが考えられる。その際、秘密を保持す..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。