社会調査法レポート&科目修了試験①~⑥セット(社会調査の性格と類型についてまとめ量的調査と質的調査の相違について述べよ)

会員972円 | 非会員1,166円
ダウンロード カートに入れる
ページ数25
閲覧数278
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    レポートはA評価でした。科目修了試験は、設題のポイントを踏まえ、指定教科書以外の文献も用いながら、どの設題番号も1000~1200字前後でまとめております。※試験はA評価でした。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「社会調査の性格と類型についてまとめ、量的調査(統計調査)と質的調査(事例調査)の相違について述べよ。」
     1.はじめに
     現代社会は、多様な人々が様々に生活をしており、非定型で複雑であり、容易には把握できない。例えば、社会現象の一端を示す新聞や各テレビ局の報道等のマスメディアから、青少年の犯罪、国際問題、政治、教育問題等、社会で起こっている出来事が、記事又はニュースという形で凝縮されて示される。我々は、それを見聞きすることによって、現在の社会現象の断片を知り、日常生活を営んでいる。しかし、ある社会現象を深く正確に理解し、それを根拠に何らかの重要な意思決定をする必要がある場合、上記にあげた情報のみでは不足であると考えられる。したがって、数値で表された知見を根拠に実践方法を選択することが求められる。そのためには、データを適切に扱う能力を有していることが大切である。そこで、社会調査の性格と類型及び社会福祉調査の種類である、量的調査(以下、統計調査)と質的調査(以下、事例調査)の特徴と両者の得失について、以下述べていく。
     2.社会調査の性格と類型
     轟亮によれば、『社会調査とは、社会データ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。