更生保護レポート&科目修了試験①~⑥セット(更生保護を支えるボランティアについて)

会員972円 | 非会員1,166円
ダウンロード カートに入れる
ページ数28
閲覧数193
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    レポートはA評価でした。科目修了試験は、設題のポイントを踏まえ、指定教科書以外の文献も用いながら、どの設題番号も1000~1200字前後でまとめております。※試験はB+でした。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「更生保護を支えるボランティアについて」
     1.はじめに
     更生保護とは、罪を犯した者の再犯を防ぎ、また非行少年が再び非行に走ることのないように、善良な社会の一員として自立を促進し改善更生するように援助し、それにより社会を保護し個人と公共の福祉の増進を推進する活動である。更生保護の中心は保護観察である。保護観察とは、犯罪や非行のあった者を、施設に拘禁するのではなく、社会生活を営ませながら指導監督、保護援護を行うことで改善更生を図ることを目的とする制度である。更生保護においては、法務省所管の保護観察所の保護観察官が、保護司と協力して更生に向け社会復帰への日常的な支援を行っている。しかし、元々、犯罪をした人な社会復帰は、昔から帰るべき家・家族・仕事という人間の自立と尊厳にかかわる生活基盤は確立できにくかった。また、犯罪白書平成25年度版では、刑務所出所者の5年以内の再入所率は、満期
    出所者で約5割、仮釈放者で約3割となっている。一度犯罪に陥った人による犯罪の繰り返しは、個人の特性・環境要因だけではなく、社会の無理解や社会からの疎外感情が、立ち直りを困難にし生きづらさを助長し再入所に至るので..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。