児童心理学【レポート設題2】(乳幼児の心理についてまとめよ。)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数276
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    レポート評価はB+でした。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     「乳幼児の心理についてまとめよ。」
     1.はじめに
     児童福祉法は、すべての児童を対象としてその健全の育成と福祉の増進を目的としており、児童福祉の原理として、第1条では、「すべて国民は、児童が心身ともに健やかに生まれ、且つ、育成されるよう努めなければならない。すべて児童は、ひとしくその生活を保障され、愛護されなければならない」とし、第2条では、「国及び地方公共団体は、児童の保護者とともに、児童を心身ともに健やかに育成する責任を負う」と規定している。また、1951年に制定された児童憲章の前文で、「児童は、人として尊ばれる」「児童は、社会の一ンとして重んぜられる」「児童はよい環境の中で育てられる」の3条をうたっている。したがって、子どもが生存し、発達し、自立しようとする存在であることを理解し、受容し、その子どもの生活基盤である家庭を社会(環境)が見守り、支援し、共に育んでいくことが求められている。以下、掲題について述べていく。
     2.乳幼児の認知の特性及び認知・言語等の発達の過程について
     母親のおなかの中にいる胎児の時に、かなりの知覚能力が備わっていることが明らかになってきている。また..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。