利用者に対し、より良い援助を行うために施設が職員にどのようなかかわり方をすればいいのか論じなさい

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数40
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    社会福祉運営理論  第1課題
    通信教育大学のレポートです。部分的な変更だけのもの、そのまま写したものは、違反になり学則において処罰の対象となります。あくまで参考程度にお願いします。

    レポート評価【B】

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第1課題 第1設問
    利用者に対し、より良い援助を行うために施設が職員にメンタルヘルスと職場づくり、キャリアパスによる支援が必要である。施設で働く職員の多くは給与より社会貢献や人の為になることや援助をしたいという、高い志をもって福祉の仕事に就くが、実際に現場で働いた状況や仕事量に対しての給与に不満を持ち離職していく職員が多いのが現状である。この課題は個々の職員が改善すべきである問題と同時に、施設の支援によって改善できる問題である。
    まずひとつにメンタルヘルス対策を行うことで、職員の定職率を高める、つまり働き甲斐のある職場をつくりあげる必要がある。メンタルヘルス対策を行うことで不調者やミスや自己の現象に繋がり、結果施設全体の質の向上にも繋がる。職員の精神が不安定になると体調を崩すだけではなく、うつ病や燃え尽き症候群と言われているバーンアウトといったメンタルヘルス不全を起こす。アメリカのフロイデンベルガーによるとバーンアウトとは「それまでエネルギッシュであった人が、突然意欲を失い、心身の疲労を訴える。目的が高く、理想に燃えている人が陥りやすい。うつ病と違い、退屈、困惑、しらけといった心理状態..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。