「施設の社会化」の意味を考えると共に地域住民に対しどのようなかかわり方を行えばいいのか論じなさい

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数43
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    社会福祉運営理論  第2課題
    通信教育大学のレポートです。部分的な変更だけのもの、そのまま写したものは、違反になり学則において処罰の対象となります。あくまで参考程度にお願いします。

    レポート評価【B】

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第2課題 第1設問
    現在介護職員不足や施設の質の格差で利用者が満足できるサービスを受けられないこともある。しかし単に施設を増やしたり職員を増加したりすれば解決できる問題でもない。家族や地域が一丸となってケアしていくという目標で取り組むことで、利用者にとっても施設側に暮らしやすい地域へと変わることができる。
     2000年の社会事業法の改正から社会福祉法の「地域福祉の推進」に「地域住民、社会福祉を目的とする事業を経営する者及び社会福祉に関する活動を行う者は、相互に協力し、福祉サービスを必要とする地域住民が地域社会を構成する一員として日常生活を営み、社会、経済、文化その他あらゆる分野の活動に参加する機会が与えられるように、地域福祉の推進に努めなければならない」1)と地域福祉について明記してある。つまりこれからは福祉施設に任せておけば良いという考えではなく、地域住民も地域福祉推進の計画に参加していく時代になっている。そのためには施設が地域住民に対し、地域ケアの重要性に関心を持ってもらい協力していただくことが必要である。
     施設は介護保険内の業務を提供するだけではなく地域住民のニーズを的確に読み..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。