日本の年金制度を国民年金、厚生年金、共済年金の3つに分け、その内容をわかりやすく説明しなさい

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数38
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    社会保障論1  第2課題
    通信教育大学のレポートです。部分的な変更だけのもの、そのまま写したものは、違反になり学則において処罰の対象となります。あくまで参考程度にお願いします。

    レポート評価【B】

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第2課題 第1設問
    わが国では、すべての国民が何かしらの公的年金制度に強制加入する国民皆年金が社会保障の基本の仕組みとなっている。これにより、加入した国民は老齢・退職、障害、生計の担い手の死亡により所得を失うという状況になっても、年金制度が保険となり、その後の生活を保障する仕組みとなっている。
    他の社会保障制度の存在と年金制度が強制加入あることにより、国民すべてがセーフティネットの内で守られているという事になる。
    日本の年金制度は、全国国民を対象にした国民年金、民間企業で実施されている厚生年金、公務員等の被用者を対象とした共済年金の3つに大きく分けられる。国民年金を基礎として、厚生年金・共済年金の被用者年金による2階建ての体系となっているのが特徴である。
    国民年金は公的年金制度の1階部分にあたり、自営業者や無業者も含め、すべての国民が強制加入し、基礎年金給付を受けるという国民皆保険の仕組みとなっている。基礎年金は、支給要件に応じて全国民共通の給付を支給し、生活の基礎的部分を保障するものである。
    被保険者は職業等や加入形態の違いにより、次の3種別に分けられる。第1号被保険者は、「日本国内..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。