日本の社会保障制度を社会保険、公的扶助、社会福祉の3つに分け、その内容をわかりやすく説明してください

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数58
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    社会保障論1  第1課題
    通信教育大学のレポートです。部分的な変更だけのもの、そのまま写したものは、違反になり学則において処罰の対象となります。あくまで参考程度にお願いします。

    レポート評価【B】

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第1課題 第1設問
    社会保障制度は、憲法25条の生存権保障の理念に基づいて制定されているため、国民の最低限度の生活を保障している。出産・子育てから病気や事故、障害、失業など、生まれてから人生を進めていく中で、生活が困難になる事象はいくつも存在している。また貧困やホームレス、ワーキングプア、生活保護の剥奪など、保障された最低限の生活から零れ落ちている人が存在している問題もある。
    社会保障制度は、このような社会保障難民にも対応できるセーフティネット構築し、社会保険、公的扶助(社会扶助)を主として、安定した生活を支援している。
    社会保険は年金保険、医療保険、雇用保険、労働者災害補償保険の5つの制度が存在し、それぞれ被保険者の保険料を財源として給付される。また日本はアメリカと異なり、すべての国民が何かしらの公的年金制度に強制加入する国民皆年金と、何らかの医療保険制度に強制加入する国民皆保険が社会保障の基本の仕組みとなっている。つまり国民すべてが国民皆保険・皆年金に強制加入することによって、セーフティネットの内で守られているという事になる。
    保険制度の仕組みは「ある共通の危険(保険事故)にさらさ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。