要介護認定の申請から介護給付利用までのプロセスを説明しなさい

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数31
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    高齢者福祉論1  第1課題
    通信教育大学のレポートです。部分的な変更だけのもの、そのまま写したものは、違反になり学則において処罰の対象となります。あくまで参考程度にお願いします。

    レポート評価【S】

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第1課題 第1設問
    本人もしくはその家族が、介護に関するサービスを利用したいと思ったときに、介護サービスの利用までに要介護認定などの一定のプロセスを受けなければなりません。そのプロセスを大きく流れを分けると、
    地区町村や地域包括支援センターの窓口で要介護認定の申請を行う。
    地区町村が認定調査を行い、医師に意見書の作成を依頼。
    認定調査(一次判定)結果と主治医の意見書から、介護認定審査会で二次判定が行われ、要介護の判定を決める。
    要介護度に応じてケアマネジャーにケアプランの作成を依頼。利用者に各サービスの提供が始まる。
    と上記のような流れになる。
    高齢者だけではなく、その家族でも理解が難しい過程となっており、地区町村や地域包括支援センターは手続きがスムーズに行えるような支援が必要になっている。
     1番目に介護サービスを利用するには、地区町村や地域包括支援センターの窓口で要介護認定の申請と介護保険被保険者証を提示する必要がある。また利用者本人ではなく、家族や民生委員、成年後見人による申請代行もすることができる。申請からは30日以内で要介護認定か要支援認定かの認定が決定する。
    要介護認定は寝..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。