社会福祉専門職に求められる「自立支援」の意義と課題について述べなさい

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数28
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    介護概論1  第1課題
    通信教育大学のレポートです。部分的な変更だけのもの、そのまま写したものは、違反になり学則において処罰の対象となります。あくまで参考程度にお願いします。

    レポート評価【A】

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第1課題 第2設問
    社会福祉専門職が行う自立支援の対象者は児童から高齢者などであり、広範囲に渡り普通の暮らしをサポートしながら、QOLつまり生活の質の向上に努めていくことが求められる。また障害をもつ人や何かしらの原因により自己選択ができない人もいるため、身体の支援だけではなく、人としての権利も守る必要がある。
    社会福祉専門職はまずクライアントをアセスメントし、通常の生活を行えるように社会資源の利用・参加を促進していく。しかしアセスメントが詳細に行われていないと、問題の解決のみに集中して、「与えるだけの支援」や「支援者が全て行ってしまう支援」になってします。
    自立支援とはクライアントが地域での生..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。