人間が社会的存在といわれるのはなぜか

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数61
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    ソーシャルワーク論2  第1課題
    通信教育大学のレポートです。部分的な変更だけのもの、そのまま写したものは、違反になり学則において処罰の対象となります。あくまで参考程度にお願いします。

    レポート評価【B】

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第2課題 第1設問
    人間個々の行動は、その人のもつ価値によって影響を受けるため、個々人のもつ価値を直接知ることはできない。しかし価値は歴史的、文化的、社会的背景といった、さまざまな条件のもとで形成されるため、個人や特定の社会にとっての望ましさ、好ましさは、その社会・文化時背景によってさまざまな価値観として形づくられていく。つまりすべての人に共通する価値観を定義することは容易ではないが、人間が本質的にもっている普遍的価値というものがある。ソーシャルワークはこの普遍的価値に基盤に置いて、支援援助を行っていくのである。
    人間にとって普遍的価値とは「人間の尊厳」である。人の存在そのものを尊重するという..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。