ソーシャルワークの体系について説明しなさい

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数68
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    社会福祉援助技術演習  第1課題
    通信教育大学のレポートです。部分的な変更だけのもの、そのまま写したものは、違反になり学則において処罰の対象となります。あくまで参考程度にお願いします。

    レポート評価【B】

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第1課題 第1設問
    現代社会は情報技術の進歩し、公共施設や交通基盤等のインフラが整い暮らしやすい社会となった。一方、家族体系や地域社会の状況が変化し、過去より課題が増えている面もある。
    例えば核家族が増えたことにより、家族間の支えがなくなり、介護を必要とする高齢者の生活が困難になったり、子どもの虐待の発見が遅れたりと、問題の深刻化が発生している。また近所とのコミュニケーションが減少したことで、認知症高齢者が近所と傷害事件を起こしたり、孤独死の増加など現代社会になって問題が顕著に現れている。
    様々な社会の変化により、人々の福祉に対するニーズも多様化している中、的確に要請に応え、暮らしやすい地域生活を支援することがソーシャルワークの課題となっている。
    日本社会福祉士会など社会福祉専門4団体の倫理綱領に国際ソーシャルワーカー連盟のソーシャルワーカーの倫理綱領が盛り込まれている。その定義には「ソーシャルワーク専門職は、人間の福利(ウェルビーイング)の増進を目指して、社会変革を進め、人間関係における問題解決を図り、人々のエンパワーメントと解放を促していく」1)とあり、主なソーシャルワーク業務は相..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。