地域福祉における機能的アプローチ・構造的アプローチについてまとめそれぞれの基本的な考え方を論じなさい

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数24
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    地域福祉論1  第1課題
    通信教育大学のレポートです。部分的な変更だけのもの、そのまま写したものは、違反になり学則において処罰の対象となります。あくまで参考程度にお願いします。

    レポート評価【B】

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第1課題 第1設問
    わが国において地域福祉という考え方が実態化してきた1970年以降、地域住民の生活支援や地域ネットワーク構築を行い、新しい社会福祉のサービスシステムとして地域福祉が展開されている。地域福祉の概念と理論は、構造的アプローチと機能的アプローチの2つに大きく区分できる。
    構造的アプローチは牧里毎治が命名したもので、「1.国家独占主義段階における地域政策であること,2.資本主義社会の構造的必然として生みだされる貧困問題およびそこから派生する問題を対象とした政策であること,3.地域における最低生活保障を支える公的施策であること,4.政策形成過程において,住民運動などの社会運動の影響を受けること,5.公的責任のもとに実施されること」1)を特徴としているように、社会福祉における制度や運動を政策として地域福祉を把握しようするものである。構造的アプローチは、さらに制度政策論的アプローチと運動論的アプローチの2つに分類される。
    制度政策論的アプローチは、右田紀久恵、井岡勉らによって提唱され、右田紀久恵は『現代の地域福祉』において「生活権と生活圏を基盤とする一定の地域社会において、経済社会..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。