リハビリテーション医療の実施意義とその評価について論ぜよ

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数58
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    医学一般2  第1課題
    通信教育大学のレポートです。部分的な変更だけのもの、そのまま写したものは、違反になり学則において処罰の対象となります。あくまで参考程度にお願いします。

    レポート評価【A】

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第1課題 第1設問
    リハビリテーションは病気や外傷による何らかの心身の障害をもつ者に対して、身体・精神・社会・職業などの訓練を行い、障害者の能力を最大限に発揮させ、機能回復と自立を促すために行われる専門的技術である。世界保健機関により医学的、教育的、職業的、社会的リハビリテーションの4つに分類されている。
    リハビリテーション医療は、20世紀後半に起こった二つの世界大戦の終戦後、戦傷病者の治療に全力を注いだ事で急速に発展した分野である。当初は予防・治療に続く「第三の医学」として位置づけられていたが、医療技術の発達による疾病構造の変化、医療の質の変化により、リハビリテーション医療として位置づけられ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。