コミュニティベースドソーシャルワーカーに求められる役割を、ネットワーキングとソーシャルアクションに関連

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数555
ダウンロード数10
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    ソーシャルワーク論2 第5課題
    通信教育大学のレポートです。部分的な変更だけのもの、そのまま写したものは、違反になり学則において処罰の対象となります。あくまで参考程度にお願いします。

      レポート評価【S】

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第5課題 第1設問
    コミュニティ・ベースド・ソーシャルワーカーはフィールド・ソーシャルワーカーとも呼ばれていて、地域に潜在化しているニーズの発見、地域住民を対象に援助を行う役割がある。援助計画立案から地域資源の調整、提供といった個別援助の展開や関連するインフォーマル資源の開発、地域機関・団体等との連携、地域問題の早期発見、ボランティア養成・組織化などに働きかけている。
    少子高齢化や人口減少社会化に伴う、社会保障制度の限界や行政の財政緊縮をフォローし、高齢者や障害者の地域生活の困難さ、子育てや介護ストレスによる虐待、学校でのいじめなどの状況を、どのように改善していくかが問われている。また不況やワ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。