グループを活用した援助方法について、グループワークの実践モデルと関連させて論ぜよ

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数600
ダウンロード数18
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    ソーシャルワーク論2 第4課題
    通信教育大学のレポートです。部分的な変更だけのもの、そのまま写したものは、違反になり学則において処罰の対象となります。あくまで参考程度にお願いします。 

    レポート評価【S】

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第4課題 第1設問
    社会福祉援助の方法は対象によっていくつかの体系に分かれている。個人への相談援助はケースワークが行われ、集団を対象にする又は集団の特性を利用する援助はグループワークという援助方法で行われていく。
    人との関係を築いていく上でグループの存在は重要な要素である。社会福祉実践の手法であるグループワークはクライアントが社会生活に対応するためのさまざま経験を得て成長することができる。「人間は集団に所属するなかで、ほかの人々と交わり、つながりを経験し、集団経験などにおける学習を重ね、自らの発達を続けていく。まさに、人間はほかの人々との相互のやりとりを通じて、社会的アイデンティティや役割、行動様式などを身につけ、個人がその社会にふさわしい存在となる。また、集団での経験を通して、人間が社会的に生活していくうえでの基本的ニーズを充足していくことにもなる」1)と人間は社会的存在であるという事を述べられているように、社会福祉援助において個人への働きかけも重要ではあるが、グループを活かし又は集団での生活での経験を経て、地域生活に移行するといった援助方法がクライアントにとって重要である。
    グルー..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。