レジデンシャルソーシャルワーカーに求められる役割をエンパワーメントアプローチに関連させて論ぜよ

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数520
ダウンロード数11
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    ソーシャルワーク論2 第3課題
    通信教育大学のレポートです。部分的な変更だけのもの、そのまま写したものは、違反になり学則において処罰の対象となります。あくまで参考程度にお願いします。

      レポート評価【S】

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第3課題 第1設問
    ソーシャルワーカーは、クライアントが地域での自立した日常生活を支援していくことが役割であり、施設と地域社会との繋がりを円滑にする援助も重要である。レジデンシャル・ソーシャルワーカーは「パーソナルケアを基盤として、ソーシャルワークと施設運営管理の方法・技術の3つの方法の総合的・一体的体系が社会福祉施設における援助方法・技術(レジデンシャルワーク)の体系と考えることができる」1)と定義されるように、施設に入所している者を対象に特化しており、施設から地域へ移行できるように支援を行っている。近年、地域社会での生活支援が主流になっているため、地域社会へ出る以前の支援として重要な役割である。
    主なレジデンシャル・ソーシャルワーカーの機能として、利用者への個別支援計画の作成・実施・モニタリング・評価の機能、利用者の相談援助機能、調整機能、施設評価機能の4点が挙げられる。
    利用者への個別支援計画の作成・実施・モニタリング・評価の機能は、施設利用者が入所してから始めるのではなく、入所前から利用者の生活環境情報や利用者の地域情報を得ることも含まれる。なぜなら退所後には、入所前に生活して..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。