カウンセリング論、ハッピーキャンパス用

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数7
閲覧数210
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

       
    科目名:カウンセリング論
    カウンセリングとは何か、依頼者の抱える問題・悩みなどに対し、専門的な知識や技術を用いて行われる相談援助のことである。カウンセリングを行う者をカウンセラー、相談員などと呼び、カウンセリングを受ける者をクライエント、カウンセリー、相談者/来談者などと呼ぶ。カウンセリングは、精神心理的な相談援助、すなわち心理カウンセリングを指す。その場合、心理カウンセラーの学問的基盤は、心理学・応用心理学の一分野である臨床心理学が中心的に用いられる。人格の成長や自己実現を目指して行われ、対象は問題をかかえた人にとどまらない。自分の中に悩みをかかえたとき、他者に話すことによってその重荷を軽くし、自分の感情と向き合い答えを探っていく。自分の話を聴き、共に考えてくれる支援者を得ることで変化への意欲を高めることをねらい看護に役立てる。カウンセリングとクライエント中心療法とは①かかわり:コミュニケーションを円滑に進め、話し合える関係を築く。②探索:ともに考えるのに必要な情報を引き出し、探索を促す。③共感:相手の立場に立って感情を理解しようとする。④目標設定:なにを目標にするかを明らか..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。