過去問 PA2040 教育哲学 2014年度~2016年現在

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数13
閲覧数212
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    明星大学通信教育学部 教育哲学 の過去問です。 私が持っている、2014年9月、2014/10、2014/12、2015/2、2015/5、2015/6、2015/8、2015/10、2015/11、2015/12、2016/2、2016/4、

    2016年5月現在までの過去問を自己解答したものです。 出題内容が重複している部分の回答は省略しています。 主に教科書を参考に解いています。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    過去問 PA2040教育哲学
    ●2016/5 ⑥ ●2015/11と同一
    次の3問のうち1問を選んで解答せよ。
    ①「経験」という概念を、教育哲学の視野から解説せよ。
    ②ペスタロッチ、フレーベルの教育論についてまとめよ。
    ③教育思想と実践の関係を自分の視点から解説せよ。
    を選択
    経験には教育的経験と非教育的経験があり、両者を識別するためには、デューイによる、経験の「連続性の原理」を理解しなければならない。ある経験をすることは、後続の経験に影響を与えるのであり、教育的経験となるが、逆に、後続の経験の発展を阻止したり、ゆがめたりする経験は、非教育的経験とされる。そして、経験は、環境・条件などの客観的事情と、興味・必要・能力などの、子どもの内的要素の相互作用によって成立する。このことを、「相互作用の原理」といい、教育は相互作用の原理にもとづいて組織立てることが重要である。そして、デューイは、教育を、経験の再構成であるとしたのである。
     教育的経験は、身体的、知的および道徳的にも発達しつつあるという意味での成長に貢献する一連の経験ということになる。教育者は、子ども自体をよく知るとともに、その子ど..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。