過去問 PC3040 中等教育方法学 2014年度~2016年現在

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数30
閲覧数260
ダウンロード数8
履歴確認
更新前ファイル(1件)

    ファイル内検索

    資料紹介

    明星大学通信教育学部 中等教育方法学 の過去問です。 私が持っている、2014年9月、2014/10、2014/12、2015/2、2015/5、2015/6、2015/8、2015/10、2015/11、2015/12、2016/2、2016/4、2016/5、2016年6月現在までの過去問を自己解答したものです。 出題内容が重複している部分の回答は省略しています。 主に教科書を参考に解いています。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    過去問 PC3040中等教育方法学
    ●2016/6 ⑨
    1.情報機器を活用した授業の課題および配慮点を整理し、解説を加えなさい。
    2.学習者の興味や経験を中心とする教育課程と、教育方法の関係を、検討しなさい。
    1.自己回答
     現在の高度情報化社会を生き抜くための「生きる力」の育成観点から、学校教育全体において、また各教科における連携を通して、積極的に情報機器を活用した授業展開をすることが重要である。
     情報機器を活用した授業としては、学校外部にいる人とのビデオ通話やメールによるコミュニケーションをとる等の体験的な活動を挙げることができる。また、マルチメディアを利用することで、視覚的、聴覚的に、わかる授業に役立てることができる。そして、学校での調べ物の際や、自発的な興味から湧いた調べものの際、インターネットで調べるという方法を取り、問題解決学習等に役立てることができる等利点が多いのである。
     情報機器を利用した活動にあたっては、事前にプライバシー、著作権に気をつけるという「情報モラル」教育、そして、インターネット上の誹謗中傷や悪意ある情報に注意するような教育をしなければならない。
     IT..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。