過去問 PC3040 中等教育方法学 2014年度~2017年現在

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数43
閲覧数522
ダウンロード数17
履歴確認
更新前ファイル(2件)

    ファイル内検索

    資料紹介

    明星大学通信教育学部 中等教育方法学の科目終了試験の過去問です。 私が持っている、2014/9、2014/10、2014/12、2015/2、2015/5、2015/6、2015/8、2015/10、2015/11、2015/12、2016/2、2016/2、2016/4、2016/4、2016/5、2016/6、2016/10、2016/12、2017/2、2017/4現在までの過去問を自己解答したものです。 出題内容が重複している部分の回答は省略しています。主に教科書や文部科学省のHP等を参考に解答しています。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    過去問 PC3040中等教育方法学
    ●2017/4 ① (●2016/10①、●2016/4①、●2015/10①とBは同一問題)
    ※Bを選択して自己解答しています。
    次のA Bのどちらかを選び解答せよ。
    両方解答した場合は無効となる。
    A(2017年度以降配本済テキスト対応問題)
    1.「よい授業」とはどのような授業か、自分の意見も加味しながら論述せよ。
    2.情報通信技術(ICT)の普及が、学校にもたらした影響を、事例を踏まえて説明せよ。
    B(2016年度以前配本済テキスト対応問題)
    1.「すぐれた授業」とはどのような授業か、独自の意見も加味しながら論述せよ。
    2.情報ネットワークの普及が、学校にもたらした影響を分析せよ。
    自己解答
    1.すぐれた授業創造へのアプローチは、「教科・領域の目標と内容の想像」、「学習や教授の科学との結びつき」、「順応性の高い学習体制をつくること」、「新しい価値観とライフ・スタイルを育てる」の4点すべてに目を配りつつ、学習の具体的な問題点をとらえ、指導案を作り、授業で仮説検証的に確かめ、改めていくことである。また、生涯学習・生きる力の育成という観点から、日本の..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。