過去問 PC3030 特別活動の指導法(中高) 2014年度~2016年現在

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数15
閲覧数241
ダウンロード数7
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    明星大学通信教育学部 特別活動の指導法(中高) の過去問です。 私が持っている、2014年9月、2014/10、2014/12、2015/2、2015/5、2015/6、2015/8、2015/10、2015/11、2015/12、2016年2月、2016年4月、2016年5月現在までの過去問を自己解答したものです。 出題内容が重複している部分の回答は省略しています。 主に教科書と学習指導要領解説を参考に解いています。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    過去問 PC3030特別活動の指導法(中高)
    PC3030特別活動の指導法(中高)
    ●2016/5 ⑥ ●2015/11と同一
    1.教育課程編成上における特別活動の位置とその性格について述べなさい。
    2.下記について説明せよ。
    (1) 学級活動の特質とその指導上の留意点についてまとめなさい。
    (2) 学校行事の特質とその指導上の留意点についてまとめなさい。
    1.中学校の教育課程は、各教科、道徳、総合的な学習の時間及び特別活動によって編成されている。特別活動は、各学校の教育課程の中にあって、児童生徒の人間として調和のとれた育成を目指す、学校教育の重要な一翼を担うものであって、各教科およびその他の活動との相互関連を図りながら、特別活動の望ましい集団活動を通して培われた自発的、自主的な態度が、各教科等の学習に良い影響を与えることができるよう、他の教育活動との関連を十分に考慮して、効果的に指導していくことが必要である。
    2.
    (1) 学級活動は、学級を単位とした集団活動である。学級は、生徒にとって各教科等の授業を受ける場であるとともに、学校生活を送る上での基礎的な生活の場である。学級を基盤とし..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。