過去問 PC3030 特別活動の指導法(中高) 2014年度~2017年現在

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数21
閲覧数488
ダウンロード数27
履歴確認
更新前ファイル(1件)

    ファイル内検索

    資料紹介

    明星大学通信教育学部 特別活動の指導法(中高)の科目終了試験の過去問です。 私が持っている、2014/9、2014/10、2014/12、2015/2、2015/5、2015/6、2015/8、2015/10、2015/11、2015/12、2016/2、2016/2、2016/4、2016/4、2016/5、2016/6、2016/10、2016/12、2017/2、2017/4現在までの過去問を自己解答したものです。 出題内容が重複している部分の回答は省略しています。主に教科書や文部科学省のHP等を参考に解答しています。全国共通の問題ですから、本資料で大部分のカバーができると思います。この資料については、所感を最後尾につけています。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    過去問 PC3030特別活動の指導法(中高)
    ●2017/4 ① (●2016/10①、●2016/4①、●2015/10①と同一問題)
    1.特別活動とその他の教育活動とを比較して、特別活動のもつ教育的意義について述べよ。
    2.学級活動の特質とその指導上の留意点について述べよ。
     自己解答
    1.特別活動には、学級を単位とする集団活動と、そのほかに、学級や学年の枠を超えた集団による活動が含まれている。生徒が、様々な集団に属して活動することによって、生徒の人間関係が多様になり、生活経験も豊富になるなど、特別活動は、他の教育内容とは異なる意義が認められる特徴がある。また、特別活動は集団の実践的な活動でもあり、実際の生活経験や体験活動による学習、すなわち「なすことによって学ぶ」ことを通して、全人的な人間形成を図るという意義を有している。特別活動は、その内容や場面も多様であり、創意工夫の余地も広いため、学校生活全般にわたって児童生徒の積極的な意欲を育てるための適切な機会になる。そして、特別活動は、道徳実践の場であるという性格を強められており、よって、道徳と特別活動の関連は極めて深い。
     その特別..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。