中等教育実習指導 PC3070 レポート 合格済

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数7
閲覧数315
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    明星大学通信教育学部 中等教育実習指導 のレポートです。
    テキスト、レジュメ、文部科学省HPを参考に書きました。解説・講評もつけています。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    中等教育実習指導[PC3070]
    ①②とも1000字程度とする。
    ①教育実習では生徒との積極的な関わりが求められます。その意義について実習生の立場と生徒の立場の両面から、それぞれの自分の考えを述べなさい。
    ②授業参観の意義と留意点について自分の考えを述べなさい。
    教育実習は、学校現場を直接体験して、生徒と実際に交流することで、教職という専門性の高い教職免許を取得するために、必要な取り組みの場である。実習生にとって、教育的実践力を向上するまたとない機会である。実習生は、その貴重な機会である教育実習を通して、真摯に取り組み、自分を振り返り、己を磨く糧とする必要がある。そのため、実習生は自らの持っているすべての知恵を出し、生徒との積極的な関わりを通して、生徒からの信頼を得られるように全力で努力しなければならない。
    生徒の視点からは、実習生は慣れない人間であることから、コミュニケーションを取ることが難しい対象である。しかし、折角の実習で、生徒との交流がなくては、あまりに勿体ない。そのため、最初の学年集会や学級活動において、実習生から、生徒とコミュニケーションを取りたいという積極的な姿勢を見せる..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。