過去問 PC3020 道徳教育の指導法(中学校)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数42
閲覧数1,366
ダウンロード数30
履歴確認
更新前ファイル(2件)

    ファイル内検索

    資料紹介

    明星大学通信教育学部 道徳教育の指導法(中学校)の科目終了試験の過去問です。 私が持っている、2014/9、2014/10、2014/12、2015/2、2015/5、2015/6、2015/8、2015/10、2015/11、2015/12、2016/2、2016/2、2016/4、2016/4、2016/5、2016/6、2016/10、2016/12、2017/2、2017/4、2017/5、2017/10、2017/12までの過去問を自己解答したものです。 出題内容が重複している部分の回答は省略しています。 主に教科書、文部科学省のHPや中学校学習指導要領解説等を参考に解答しています。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    過去問 PC3020道徳教育の指導法(中学校)
    ●2017/12 ⑩
    道徳の時間を要として学校の教育活動全体を通じて行う道徳教育の内容の1つに「主として他の人とのかかわりに関すること」が挙げられています。これに該当する項目を2つ取り上げ、その概要を記述せよ。
     自己解答
    (1) 礼儀の意義を理解し、時と場に応じた適切な言動をとる。
     礼儀の基本は、相手を一個の人格として認め、相手に対して敬愛する気持ちを具体的に示すことであり、心と形が一体となってはじめてその価値が認められる。したがって、敬愛の気持ちを伝えるために、具体的に言葉遣い、態度や動作をもって表現されることになる。しかし、どれほど形ができていたとしても人間尊重の精神がなければ礼は通じない。また、時と場にふさわしくない言動は人々の間では受け入れられない。
     中学生の時期は、礼儀の大切さについてある程度理解し、言葉遣いや行動の仕方もある程度身に付きつつあるものの、まだ十分習慣化しているとはいえない。また、この時期は、照れる気持ちや周りの状況によって、表現や態度が左右されることが見られる。そこで、指導に当たっては、時と場に応じた適切な..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。