過去問 PB2090 児童心理学

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数41
閲覧数1,017
ダウンロード数36
履歴確認
更新前ファイル(2件)

    ファイル内検索

    資料紹介

    明星大学通信教育学部 児童心理学の科目終了試験の過去問です。 私が持っている、2014/9、2014/10、2014/12、2015/2、2015/5、2015/6、2015/8、2015/10、2015/11、2015/12、2016/2、2016/4、2016/5、2016/6、2016/10、2016/12、2017/2、2017/4、2017/5、2017/10、2017/12までの過去問を自己解答したものです。 出題内容が重複している部分の回答は省略しています。 主に教科書や文部科学省のHP等を参考に解答しています。全国共通の問題ですから、本資料で大部分のカバーができると思います。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    過去問 PB2090児童心理学
    ●2017/12 ⑩(●2015/12⑩、●2014/12⑩と同一問題)
    自尊感情とは、人が自分の自己概念と関連づける個人的価値および能力の感覚-感情-です。自尊感情に与える親の養育態度と学校の影響について述べよ。
     自己解答
    自尊感情とは、人が自分自身に対して持つ評価的な感じ方のことであり、自己についての肯定、否定の感情に関係する。この自尊感情は、子どもの児童期以後の自己概念の形成過程で中心的な役割を果たすとされている。自尊感情がある一定の傾向を持つと、子どもの行動を規定するようになる。
     自尊感情と、親の養育態度との関係性において様々な研究が行われている。 クーパースミスの研究から、自尊感情の発達寄与条件として、①「両親による子どものほぼ全面的な受容」、②「親の信ずるところに従って子どもへの制約が明確にされ、順守するようにしむけている」、③「子どもを尊重し、制約の範囲内で比較的大きな自由を許容している」、④「子どもに関心を持ち、注意深い」、が挙げられている。シアーズの研究からは、「父親および母親の暖かさの要因」が、最も高く自尊感情の先行条件になること..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。