過去問 PA2210 教育法規2 2014年度~2017年現在

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数31
閲覧数468
ダウンロード数8
履歴確認
更新前ファイル(1件)

    ファイル内検索

    資料紹介

    明星大学通信教育学部 教育法規2の科目終了試験の過去問です。 私が持っている、2014年9月、2014/10、2014/12、2015/2、2015/5、2015/6、2015/8、2015/10、2015/11、2015/12、2016/2、2016/2、2016/4、2016/4、2016/5、2016/6、2016/10、2016/12、2017/2現在までの過去問を自己解答したものです。 出題内容が重複している部分の回答は省略しています。 主に教科書や文部科学省のHPを参考に解いています。全国共通の問題ですから、本資料で大部分のカバーができると思います。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    過去問 PA2210教育法規2
    ●2017/2 ③ (●2016/4③と同一問題)
     教育委員会が定める「学校管理規則」は、どのような根拠に基づき定められ、その趣旨は何であるかまとめるとともに、学校の管理運営とのかかわりにおいてどのような見直しが求められているか論じなさい。
    自己解答
     学校教育法第5条では、設置者管理及び負担主義の原則を規定し、学校の管理及びその経費の負担は、学校の教育活動の事業主体である設置者が行うことを定めている。公立学校にあっては、地方教育行政法により、教育委員会が学校の、人的・物的・運営管理の一切を行う包括的な管理に当たるとしている。しかしながら、学校の教育活動において、学校の自主性・自律性や創意工夫を尊重することが必要であることから、学校という教育機関の長である校長に、教育委員会の職務権限が相当部分委ねられている。
    教育委員会は、学校が本来の目的を効果的に達成できるよう、学校の自主性を可能な限り発揮させるよう、学校の管理運営についての両者の責任分担の基本的在り方について「学校管理規則」を定めている。
    学校管理規則としては、①校長の権限として既に法令等において..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。