過去問 PA2200 教育法規1 2014年度~2016年現在

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数21
閲覧数303
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    明星大学通信教育学部教育法規1の過去問です。 私が持っている、2014年9月、2014/10、2014/12、2015/2、2015/5、2015/6、2015/8、2015/10、2015/11、2015/12

    、2016年2月、2016年4月現在までの過去問を自己解答したものです。 出題内容が重複している部分の回答は省略しています。 主に教科書を参考に解いています。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    過去問 PA2200教育法規1
    ●2016/4 ① ●2015/10と同一
    教育行政における「法律主義」について述べなさい。
    戦後の日本国憲法下における教育行政の基本原則の1つに、「教育行政の法律主義」がある。戦後の教育行政は、憲法において、具体の教育行政の規定を設けるとともに、憲法の下に国会の定立する法律に基づいて教育行政が行われる仕組みが確立されている。これは、戦前における、議会を超越した天皇大権に基づく勅令によって主要な教育法規が定められ、これに基づき教育行政が執行されるという、いわゆる教育「行政の勅令主義の原理・原則」の反省に基づいた転換である。
     憲法は、国民の教育を受ける権利や義務教育の無償などを定めた第26条の教育に関する直接的な規定をはじめ、前文、第13条(個人の尊重)、第14条(法の下の平等)、第19条(思想良心の自由)、第20条(信教の自由)、第21条(表現の自由)、第23条(学問の自由)など教育行政に関する条項を掲げている。そして、憲法第98条の「条規に反する法律、命令、詔勅及び国務に関するその他の行為の全部又は一部は、その効力を有しない」によって、憲法の最高法規..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。