過去問 PA2200 教育法規1

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数34
閲覧数748
ダウンロード数5
履歴確認
更新前ファイル(3件)

    ファイル内検索

    資料紹介

    明星大学通信教育学部 教育法規1の科目終了試験過去問です。 私が持っている、2014/9、2014/10、2014/12、2015/2、2015/5、2015/6、2015/8、2015/10、2015/11、2015/12、2016/2、2016/2、2016/4、2016/4、2016/5、2016/6、2016/10、2016/12、2017/2、2017/4、2017/5、2017/10、2017/12までの過去問を自己解答したものです。 出題内容が重複している部分の回答は省略しています。 主に教科書や文部科学省のHPを参考に解いています。全国共通の問題ですから、本資料で大部分のカバーができると思います。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    過去問 PA2200教育法規1
    ●2017/12 ⑩(●2015/12⑩、●2014/12⑩と同一問題)
    義務教育への就学制度の原則とのかかわりにおいて、「学校選択制」の導入のもつ意義と課題について述べよ。
     自己解答
    我が国では、憲法第26条第2項を法的根拠として、日本国民である保護者に対し、子に小学校(特別支援学校の小学部を含む。)6年間、中学校(特別支援学校の中学部等を含む。)3年間の教育を受けさせる就学義務を課している。
     学校教育法第16条で保護者は子に9年の普通教育を受けさせる義務を負う、とあり、次いで第17条第1項で小学校又は特別支援学校の小学部に就学させる保護者の義務が規定され、そして、同条第2項で中学校・中等教育学校の前期課程又は特別支援学校の中学部に就学させる保護者の義務が規定されている。なお、学校教育法第18条において、やむを得ない事由のため、就学困難と認められる者の保護者に対しては、市町村の教育委員会は、就学義務を猶予又は免除をすることができることとされている。
     就学義務の主体は、法令により、市町村の教育委員会とされている。市町村の教育委員会は、当該市町村の設..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。