教育法規1 PA2200 1単位目と2単位目レポートセット 合格済

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数11
閲覧数371
ダウンロード数12
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    明星大学通信教育学部 教育法規1 1単位目と2単位目のレポートセットです。
    テキストと参考文献、文部科学省ホームページを参考に書きました。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    教育法規1  PA2200 1単位目と2単位目レポートセット
    ●1単位目:教育権に関する両説(「国民の教育権」、「国家教育権」)の考え方をまとめるとともに、教育の内容・方法に関する権限の在り方について論じなさい。
    ●2単位目:教育の機会均等の観点から講じられている教育財政の措置にはどのようなものがあるかその概要に言及し、まとめなさい。
    ○1単位目
    1.国民の教育権
     国民の教育権説とは、教育権の主体は親を中心とする国民全体の権利とする説である。この説によると、公権力のなすべきことは、教育条件の整備に限られ、公教育の内容・方法については原則として介入できないということになる。そして、教育内容の実施・方法について、親を中心とした国民からの負託を受けて、教師が教育専門家として、責任を以て、行うべきものとする。
    2.国家教育権
     国家教育権説とは、教育権の主体は国家にあり、国は公教育を実施する教師の教育の自由に制約を加えることが原則として許されるとする考え方である。教育内容の決定方法は全国一律に、国会の法律制度を通じて、法律で決定すべきということになる。
    3.教育の内容・方法に関する権限の在り..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。