過去問 PA1030 教育の制度と経営 2014年度~2016年現在

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数18
閲覧数551
ダウンロード数43
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    明星大学通信教育学部教育の制度と経営の過去問です。 私が持っている、2014年9月、2014/10、2014/12、2015/2、2015/5、2015/6、2015/8、2015/10、2015/11、2015/12、2016年2月現在までの過去問を自己解答したものです。 出題内容が重複している部分の回答は省略しています。 主に教科書を参考に解いています。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    過去問 PA1030教育の制度と経営
    ●2016/2 ⑫ ●2015/8 ●2015/2 ●2014/9と同一
    「ゆとり教育」の潮流とPISAの関連について具体的に論じなさい。
    過度な受験競争、校内暴力などの学校の荒れ等の時代背景の下、1977年「学習指導要領」の改訂で「ゆとりの時間」が導入された。詰め込み教育と落ちこぼれの解消を目指して、授業時数の短縮等がなされる「ゆとり教育」の流れが始まったのである。
    1996年、中央教育審議会は「生きる力」の育成を重視していくことを示し、その「生きる力」を育成する学校教育の在り方として次の①から⑥までの提言をした。①知識を一方的に教え込むことになりがちだった教育を、子どもたちが自ら学び、自ら考える教育に転換する。②生涯学習社会を見すえ、自ら学びつづける生涯学習の基礎を培う。③「ゆとり」のある教育環境で「ゆとり」のある教育活動をする。④教育内容を基礎・基本に絞り、生き生きとした学習意欲を高める指導を行って、その確実な習得に努め、個性を生かした教育を重視する。⑤地域や学校、子どもたちの実態に応じて、特色ある教育活動を展開する⑥家庭や地域社会との連携を..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。