過去問 PA1030 教育の制度と経営

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数38
閲覧数1,732
ダウンロード数127
履歴確認
更新前ファイル(3件)

    ファイル内検索

    資料紹介

    明星大学通信教育学部 教育の制度と経営の科目終了試験の過去問です。 私が持っている、2014/9、2014/10、2014/12、2015/2、2015/5、2015/6、2015/8、2015/10、2015/11、2015/12、2016/2、2016/4、2016/5、2016/6、2016/10、2016/12、2017/2、2017/4、2017/5、2017/10、2017/12までの過去問を自己解答したものです。 出題内容が重複している部分の回答は省略しています。 主に教科書や文部科学省のHPを参考に解答しています。全国共通の問題ですから、本資料で大部分のカバーができると思います。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    過去問 PA1030教育の制度と経営
    ●2017/12 ⑩(●2015/12⑩、●2014/12⑩と同一問題)
    「問題行動」をする子どもの立場に立った理解のあり方について具体的に考察せよ。
     自己解答
    いじめ、校内暴力をはじめとした児童生徒の問題行動は、依然として極めて深刻な状況にある。いじめにより児童生徒が自らの命を絶つという痛ましい事件が相次いでおり、児童生徒の安心・安全について国民間に不安が広がっている。また、学校での懸命な種々の取組にもかかわらず、対教師あるいは生徒間の暴力行為や施設・設備の毀損・破壊行為等は依然として多数にのぼり、一部の児童生徒による授業妨害等も見られる。
    問題行動への対応については、第一に、未然防止と早期発見・早期対応の取組が重要である。学校は教職員一体となって対応し、教育委員会は学校が適切に対応できるようサポートする体制を整備する。また、家庭、特に保護者、地域社会や地方自治体・議会を始め、その他関係機関の理解と協力を得て、地域ぐるみで取り組めるような体制を進めていくことが必要である。
    児童個人の抱える問題といっても、純粋にその個人のみに起因する問題などは現..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。