過去問 PA1040 教職入門 2014年度~2016年現在

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数18
閲覧数535
ダウンロード数11
履歴確認
更新前ファイル(1件)

    ファイル内検索

    資料紹介

    明星大学通信教育学部教職入門の過去問です。 私が持っている、2014年9月、2014/10、2014/12、2015/2、2015/5、2015/6、2015/8、2015/10、2015/11、2015/12、2016/2、2016/4、2016年5月現在までの過去問を自己解答したものです。 出題内容が重複している部分の回答は省略しています。 主に教科書を参考に解いています。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    過去問 PA1040教職入門
    ●2016/5 ⑥ ●2015/11と同一
    教員養成における開放性原則の長所と短所について論述しなさい。
    「大学における教員養成」と「開放制の教員養成」の原則により、質の高い教員が養成され、我が国の学校教育の普及・充実や社会の発展に大きな貢献をしてきたが、現在、大学の教職課程については、様々な課題が指摘されている。
    開放性の原則とは、国・公・私立のいずれの大学でも、教員免許状取得に必要な所要の単位に係る科目を開設し、学生に履修させることにより、制度上等しく教員養成に携わることができるとした原則である。開放性の原則は、戦前の師範学校を中心とする目的性の教員養成制度についての反省から定められた原則であり、戦後から現在まで存在している原則であり、今後とも、尊重される必要がある。
    開放性の原則の長所として、戦前の師範学校のような教員養成のみを目的とする教育大学ではなく、国・公・私立のいずれの大学においても、教員養成に携わることができるとしたことを挙げることができる。そして、多くの大学で必要な履修を得ることができること、つまり、学生は開放的な環境の中で学ぶことができ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。