過去問 PA1040 教職入門

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数34
閲覧数1,563
ダウンロード数64
履歴確認
更新前ファイル(4件)

    ファイル内検索

    資料紹介

    明星大学通信教育学部 教職入門の科目終了試験の過去問です。 私が持っている、2014/9、2014/10、2014/12、2015/2、2015/5、2015/6、2015/8、2015/10、2015/11、2015/12、2016/2、2016/4、2016/5、2016/6、2016/10、2016/12、2017/2、2017/4、2017/5、2017/12、2017/12までの過去問を自己解答したものです。 出題内容が重複している部分の回答は省略しています。 主に教科書や文部科学省のHPを参考に解答しています。全国共通の問題ですから、本資料で大部分のカバーができると思います。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    過去問 PA1040 教職入門
    ●2017/12 ⑩(●2015/12⑩、●2014/12⑩と同一問題)
    教員の服務と校務分掌について説明せよ。
     自己解答
    服務とは、公務員たる地位に基づき、職務上又は職務外において公務員に課せられている規律に服する義務のことをいう。服務の根本基準は地公法第30条であり、「すべて職員は、全体の奉仕者として公共の利益のために勤務し、且つ、職務の遂行に当つては、全力を挙げてこれに専念しなければならない。」とされている。教育基本法 第9条の1.「法律に定める学校の教員は、自己の崇高な使命を深く自覚し、絶えず研究と修養に励み、その職責の遂行に努めなければならない。」とあり、2.「前項の教員については、その使命と職責の重要性にかんがみ、その身分は尊重され、待遇の適正が期せられるとともに、養成と研修の充実が図られなければならない。」とされ、教員としての服務の根本が明記されている。職務上の義務として、服務の宣誓、法令等に従う義務、職務専念の義務が課せられる。身分上の義務として、信用失墜行為の禁止、秘密を守る義務、政治的行為の制限、争議行為等の禁止、営利企業等の従事制..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。