教職入門 PA1040 1単位目と2単位目レポートセット 合格済

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数11
閲覧数553
ダウンロード数7
履歴確認
更新前ファイル(1件)

    ファイル内検索

    資料紹介

    明星大学通信教育学部 教職入門1単位目と2単位目のレポートセットです。解説・講評もつけています。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    教職入門 PA1040 1単位目と2単位目レポートセット
    ●1単位目:1.教員養成の歴史について論述せよ。2.教職の専門性について論述せよ。
    ●2単位目:1.現代の教員に求められるものについて論述せよ。 2.教育者に求められる教育愛と権威について論述せよ。
    ○1単位目
    講評
    1.教員養成の歴史が的確にまとめられています。
    2.教職の専門性について、よく言及されています。
    1.明治5年に日本最初の近代的学校制度を定めた教育法令である「学制」が制定され、同年に、教員養成を行う学校を師範学校とすることを定めた。同校の制度的な特徴としては、給費制と就労義務や、徴兵の免除があった。そして明治19年、初代文部大臣の森有礼が主体となり、「師範学校令」が公布された。師範学校令の第一条に、「順良」「信愛」「威重」の3気質を教員養成の目標として掲げて、全寮制とし、男子生徒に兵式体操を重視させる等、自由な発想に欠ける師範タイプと呼ばれる教員が養成されることにつながり、長く批判があった。
    1943年には、師範教育令が改正され、同令の背景には、学校を人物錬成の道場にすることと、戦時体制の教育に基づく教員を養成す..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。