福祉サービスの組織と経営

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数537
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    社会福祉士養成専門学校の課題です。レポート評価 B  2302字  (参考文献を含む) レポート作成の参考にしてください。 

    福祉サービス事業にも経営管理が求められる時代となっている。営利を目的とする組織の経営管理と、社会福祉法人の経営管理の相違について、経営資源の観点から説明しなさい。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     一般的に社会福祉法人の運営する特養は入所申し込み者が殺到し100名待機、200名待機は常態化する事態になっている。毎月、毎週のように新規の入所申し込みを受け付けているが、待機者が確実に入所できる機会は少ない。それは社会福祉法人が営利を目的としないことで入所費用が安いことに起因する。一方で民間施設は費用も高額なので、利用申し込み者は高額所得者に限られるため入所希望者は少ない。待機者もあると推察されるが、現実的には入所希望者は他の施設と入所コストを比較の上で重複して申し込むので、あくまで入所の可否の選択は入所者側にあり民間施設には厳しい現実がある。
     以上のことを踏まえて、課題である営利目的とする組織(主に福祉施設)と社会福祉法人の経営管理の相違について経営資源の観点から述べる。
     社会福祉法人の根拠法たる社会福祉法の第一条には、「福祉サービスの利用者の利益の保護及び地域における社会福祉(以下「地域福祉」という。)の推進を図るとともに、社会福祉事業の公明かつ適正な実施の確保及び社会福祉を目的とする事業の健全な発達を図り、もつて社会福祉の増進に資することを目的とする」とある。
     単的に表現..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。