福祉行財政と福祉計画

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数345
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    社会福祉士養成専門学校の課題です。レポート評価 B 1947字  (参考文献を含む) レポート作成の参考にしてください。

    ノーマライゼーションとは何かを説明し、あなたが住むまたは働く区市町村において、その実現のためにどのような施策が展開されているかを述べなさい。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     社会福祉とは、未成年者、高齢者や障害者で生活上なんらかの支援や介助を必要とする人、経済的困窮者・ホームレスなどに対し、生活の質を維持・向上させるためのサービスを社会的に提供すること、あるいはそのための制度や設備を整備することと定義される。この定義を具体化したのがノーマライゼーションである。
     世界的な歴史を俯瞰する時、特に障害者施策は行政や一部の篤志家による施設建設から始められ、そこには障害者及び他の対象者の人としての尊厳を保護するという観念は希薄だった。その代表的な例はハンセン病患者への対応である。
     ハンセン病に対する正確な知識が欠如していた時代は、その症状をめぐり様々な誤解が生まれ世界各地で差別や隔離の問題が起きた。日本においてもハンセン病に関しては例外ではなかった。過去の日本での福祉政策においても行政措置に重きが置かれ、対象者の意志は尊重されていなかった。
     1950年代のデンマークにて、ニルス・エリク・バンク=ミケルセンによりノーマライゼーション原理が提唱され、スウェーデンのベングト・ニリエにより発展される。この原理は障害者を隔離・排除するなどの特別扱いすることなく健常者と..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。