高齢者に対する支援と介護保険制度①

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数428
ダウンロード数9
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    社会福祉士養成専門学校の課題です。レポート評価 A 1318字  (参考文献を含む) レポート作成の参考にしてください。 

    高齢者の生活支援にあたって、支援者としての基本的態度と社会福祉士の役割について、あなたの考えを述べなさい。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     平成12年(2000年)から介護保険制度が導入され高齢者福祉にも多くの専門職等が関わるようになった。援助者の基本的姿勢として、まず「人に値する水準の日常生活を、その人らしく維持できるよう援助・支援すること」を目標とし関わりを持つ事である。援助者は常に安定した情緒でクライエントと向き合い、利用者のありのままを受け入れる姿勢が必要である。また援助者と利用者との関係を対等に維持する事が必要であり、上下関係ができ援助者が優位に立った場合、利用者自身の意見が聞けず正確なニーズを把握できぬまま間違った援助・支援になり、問題解決が一向に改善できない恐れがある。価値観や生活習慣が定まっている高齢者の生き方を..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。